BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用

↓完全無料で公開している画像はココだけ↓
♥画像をクリック♥

 

美人面犬の飼い方 3話『勉強と称した交尾、ここに始まる!』

前回の悪ノリを読み忘れた方はこちら

⇒前回の話に戻る

 

 

 

『昔は君のように普通の人間が好きだった。

だが膝に矢傷を受けてしまいケモナーに…』

 

 

 

というような事実は全くなく、

主人公・ケイはつまり。

 

 

 

人面犬が人間に限りなく近いおっぱいとマ○コを装備している事に気付き、

ペットとして、家族としての人面犬・アンナに迫っただけでした。

 

 

 

人間と人面犬。

人種どころか種族が違うので、

本来はそういう性の対象にすらならないはずなのですが、

 

 

 

世の中、相手に迫る人間もいるのです。

哀しいことですが、

そんな大爆笑事案を引き起こして

逮捕される人間がこの世界には存在します。

 

 

 

アンナだけはこのタブーを理解していますが、

可愛い弟が、

『勉強に手が付かない』と言われたら

断ることはできません。

 

 

 

犬の従順さと姉の優しさが、ほろ苦い。

 

 

 

ケイはそんな姉の苦言を聞くことはありません。

一応、賢者になってから

少し考えるくらいです。

 

 

 

さて、話は馴れ初め編。

 

 

 

『勉強に手が付かない』と

仰向けに寝かせた、ペット用語でいう”チンチン”の状態のアンナ。

 

 

 

“弟のため”と恥ずかしいのを我慢し、

人間と同形のマ○コを好きに触らせます。

 

 

 

『キャン♪キャン♪』と鳴きながら。

 

 

 

どんどん愛液が溢れてしまい

ケイは舐めてみたいと言って、アンナが断る間もなく舐めてしまいます。

 

 

 

匂いは、良い匂いらしく、

ケモノ独特の臭さはないようで。

美味しそうにラブジュースを嚥下していきます。

 

 

 

舌による刺激が強かったためか、

男を受け入れる準備が整ってしまったアンナ。

 

 

 

それを察したケイは。

「姉ちゃんと交尾したい」

とんでもないことを言い出すのです。

 

 

 

本当にとんでもないよ!

 

⇒このとんでもない主人公の痴態を拝みたい方はこちら

BookLiveコミック【AC】美人面犬の飼い方※スマホ専用